ベルン芸術大学

理念

ピアノにおいて「タッチというものは、視覚、聴覚、臭覚といったものと同等に豊かで、おそらく、より本質的な感覚である。素早い手の動きによって、あるいはほとんど動きのない指でそっと触れられた鍵盤は、輝きもすれば、消え去りもする。つまり、これらの繊細かつ力強い、生き生きとした指の反射と作用の中に、ピアノ芸術の秘密があると私は思う。

(マルグリット・ロン著より)

この的確なる記述は、今日においても全く色あせてはいない。なぜなら、主要な国際コンクールの状況に注意深く目を配り、多くの若い世代のピアニストがとる方向性を観察してみるに、彼らは純粋にメカニックな、運動競技のような演奏を優先させているからである。作品内容の根本的なものや情動的なものについて、ほとんど自問することもなく。

この、ロンの数行の記述は、私がベルン芸術大学において実行したいと思っている教育内容を簡潔に言い表してくれている。この場でレッスンの細かな内容について語るつもりはないが、私のクラスで学びたいと願う生徒の方々へ、手や指を“準備する”私のやり方を示したいと思う。なぜなら、それら手や指こそが、内容をよりよく表現し、魅力的な色彩のパレット、遠近感、音響の次元、明暗のついた演奏といったものを可能にし、弾き手に、作品を構築し入念に作り上げるために必要なすべての要素を与えるのだから。

私は、一人一人がよりいっそう熟達したピアノ弾きになれるよう、これらのことに専念したいと思っている。質の高いレガートや、時に力強く、時に柔らかな響きを奏でられるように。
「ピアノにハンマーがついていることを忘れていなければならない」 というクロード・ドビュッシーの言葉は、私達一人一人に、自分自身の演奏をより深く聴かなければという気にさせる。この言葉は、私の芸術の方向性をも示している。フレーズの扱い方や、メロディーと対旋律を決して打楽器的にならぬよう、いかなる筆づかいで描いていくか。

レッスンにおいては、以下の著作をしばしば引用する:

−マルグリット・ロンの「ル・ピアノ(Le Piano)」。ピアノという楽器の難しさを解決する方法を示し、ショパンやリスト等の主要なエチュードへの扉を開く。

−アルフレッド・コルトーの校訂したもの。特にショパンのエチュードの校訂版。洗練された様式、フレーズの柔軟性、丸みのある響きをもち、その精神と技巧において賞賛されている偉大なる演奏家の見解である。

−パウル・バドゥラ=スコダの興味深い様々な著作。モーツァルトだけでなく、ショパンの演奏解釈についても。とりわけペダルの正統的な使用法や、作曲者の演奏についての原資料は、これらの作品を学ぶときには必ず読むべきだと考えている。

−その他...

学ぶということは、不安定な時あり、誘惑に負ける時あり、そして再び調整できる時期もあり、という長いみちのりである。 それゆえ、日々の紆余曲折の中で、モチベーションを失わないために、私はしばしば、かの素晴らしいピアニスト、フランツ・リストの言葉に立ち戻る。
「自分自身に対して忍耐強くあれ」 − 先へ先へと急ぎ進むのではなく、根気よく、少しずつ進歩していくことに対する励ましの言葉である。

実例

リンク紹介

Alfred Cortot

Arturo Michelangeli

Dinu Lipatti

さらに詳しいお問い合わせは arts21@free.fr まで。

ベルン芸術大学への登録をご希望の方は

概要

RECORDINGS, COMPETITIONS & DEGREES in Patricia Pagny’s Class

賞とディプロマ

2018

CAS ADVANCED DIPLOMA
To XINYI WANG

CONCOURS MUSICAL DE FRANCE – Final in Paris
First Prize to CASSIE BRECHEISEN

MASTER PEDAGOGY DIPLOMA
To TIMOTHEE SAVARY

BACHELOR DIPLOMA
To SIMONE CAGNASSO

MASTER SPECIALIZED DIPLOMA
To SO-JUNG YEON

MASTER PEDAGOGY DIPLOMA
To TANJA BIDERMAN

MASTER PEDAGOGY DIPLOMA
To NIKOLA PESIC

 

2017

BACHELOR DIPLOMA
To DOMINIK BERCHTEN

BACHELOR DIPLOMA
To SIMON HUONDER

MASTER PEDAGOGY DIPLOMA
To GIOVANNA GATTO

MASTER PERFORMANCE DIPLOMA
To CARLA GARCIA

CONCOURS MUSICAL DE FRANCE – Paris
Second Prize to CASSIE BRECHEISEN

CONCORSO “ANTONIO SALIERI” LEGNAGO – Verona Italy
Third Prize to SIMONE CAGNASSO

XVIII CONCORSO INTERNAZIONALE VALSESIA MUSICA – Italy
Third Prize to SIMONE CAGNASSO

 

2016

MASTER PERFORMANCE DIPLOMA
To NIKOLA PESIC

MASTER PEDAGOGY DIPLOMA
To HIRGINIA VALLEJO

CAS DIPLOMA
To AIMI SUGO

 

2015

LEGNAGO – VERONA Italy
Third Prize at the «Antonio Salieri International Piano Competition » to TOMOMI HORI

PREMIO « ENRICA CREMONESI » MILANO
First Prize to GIOVANNA GATTO in Duo with Accordionist POLONA TOMINEC PADOVA – Italy

Second Prize at the “13° Concorso internazionale di esecuzione musicale – Premio Città di Padova” to SO JUNG YEON

MASTER PERFORMANCE DIPLOMA
To TOMOMI HORI

MASTER PERFORMANCE DIPLOMA
To AIMI SUGO

MASTER PERFORMANCE DIPLOMA
To TAMAR USENASHVILI

CAS DIPLOMA
To SUNG EUN LEE

MASTER PEDAGOGY DIPLOMA
To ANNETTE PHILIPONA

 

2014

MASTER PERFORMANCE DIPLOMA
To TANJA BIDERMAN

MASTER PERFORMANCE DIPLOMA
To GIOVANNA GATTO

MASTER PEDAGOGY DIPLOMA
To ZARJA VATOVEC

CAS DIPLOMA
To SO JUNG YEON

 

YAMAHA – YMFE Prize Switzerland
Ex-aequo to AIMI SUGO and MRIKA SEFA

Selection to the Final Degrees at VIRTUOSES DU CŒUR  in Paris
To TOMOMI HORI

 

2013

LEGNAGO – VERONA Italy
First Prize and Special Prize in Interpretation of the 20. Century Piano Works at the «Antonio Salieri International Piano Competition » to AIMI SUGO

CONCOURS MUSICAL DE FRANCE – Paris
Second Prize to MRIKA SEFA

PREMIO « ENRICA CREMONESI » MILANO
Second Prize to AIMI SUGO in Duo with Cellist JUAN MATEO REVILLA

STIFTUNG FÜR JUNGE MUSIKTALENTE – MEGGEN-Lucerne  Switzerland
To AIMI SUGO

 

2010

CAS DIPLOMA
To ERNESTO ROSSI